介護転職ってどうよ?

介護に携わる仕事のニーズは高く、介護職の需要が高まっています。介護職の転職・就職に関する情報をお届けするブログです。

【転職注意】介護士と看護師の違いってナニ?

更新日:

病院や医療施設で働く職業で「介護士」と「看護師」はよく混同されるものです。

どちらも病院や介護施設などで従事しているので、一般の知識のない人では区別がつかないこともあるようです。

結論からいうとこの両者は似ているようで”全く違う職業”だといえます。

ここでは、これから病院や介護施設で働きたい人のために「介護士と看護師の違い」を徹底解説しています。

介護士と看護師はそもそも「目的」が違う

病院に行くと看護師と介護士が忙しく動き回っている様子を目にします。

また、介護施設でも介護士だけではなく看護師をたまに見ることがはずです。

介護士と看護師の働く場所はたいてい同じなことが多く、素人目で見ると同じ仕事をしているようにも感じます。

しかし、もともと介護士と看護師は「働く目的」が違い、職種としても別物なのです。

ざっくり言うと、介護士は入院患者や要介護者の日常生活のサポートをする「福祉職」です。

一方看護師の方は、医師をトップとして行う医療行為を補助する「医療職」なのです。

どちらも健康的に問題を抱えた人のサポートやケアが大前提にある職種ですが、微妙なニュアンスの違いがあります。

また介護士には向いているが看護師には向いていないということもめずらしくありません。

自分の特性や将来の希望などを明確にしておくことが大切です。

実はまったく違う仕事内容

同じような職場で働く介護士と看護師ですが、実は仕事の内容は全く違います。

介護士の主な仕事は以下になります。

  • 食事の介助
  • 着替えの介助
  • 入浴介助
  • 掃除
  • 洗濯
  • 買い物

要介護者が病院や老人ホームなどの施設に入所している場合と、自宅で介護を受ける場合とで介護士の業務内容も少し違ってきます。

一方、看護師の主な業務は以下です。

  • 血圧測定
  • 検温
  • 脈拍測定
  • 注射
  • 点滴
  • 採血
  • 手術のサポート

最近では、1人ないし複数の患者に対して医師や薬剤師・理学療法士などと共に看護師は重要なメンバーとして参加することもあり、手術(オペ)専門の看護師なども増えつつあります。

また、これらに加えて介護士のするような食事や入浴の介助なども行うことがあります。

逆に介護士がこれらの医療行為を行うことは禁じられており、肌荒れのクリームですら介介護士が要介護者に塗ることはできません。

このように働く場所は同じでも、介護士と看護師は全く違う業務を行う職業なのです。

介護士と看護師では資格も全く違う

将来、医療・福祉関係への転職を考えている人なら、両者の「資格の違い」をきちんと把握しておくことが大切です。

介護士と看護師では必要とされる資格が全く違うため、そのための勉強法や学習施設も異なるので進路の方向性もそれぞれに合わせる必要があるからです。

まず介護職につくためには、

  • 介護職員初任者研修
  • 介護職員実務者研修
  • 介護福祉士

など、社会福祉・介護福祉法によって定められた国家試験にパスする必要があります。

これらは福祉系高校や福祉専門の養成施設を卒業するか、実務をこなしながら各資格の受験資格を獲得し、試験を受けます。

一方看護師の方も国家試験に合格する必要があり、こちらは保険助産婦看護師法に準拠した資格です。

看護師の場合は看護大学や専門養成学校を卒業し、試験に合格することが必須となります。

3~4年の学習期間がある正看護師に加えて、最短で2年の就学でなれる准看護師の2つの種類があります。

所属先が違うケースもある

病院や介護施設で働く場合でも、人材として所属する会社や施設が違うケースもあります。

看護師は病院や介護施設に直接雇われるケースがほとんどですが、介護士の場合は介護福祉企業が中間に入りそこから提携先に派遣されことが多いのです。

もちろん就業規定も変わってきますし、場合によっては介護福祉事業者の都合で勤続先が変わることも少なくありません。

ただし介護福祉企業への就職は、直接病院などに求人応募をするよりも合格率は高い傾向にあります。

給与にも違いがある

介護士と看護師で最も切実な違いを感じるのが給与面です。

どちらも国家資格を取得してする仕事なのですが、残念ながら給与にかなりの差があるのです。

女性の正看護師の平均月収が30万円前後なのに対し、介護士では10万円から10万円台後半くらいです。

そして看護師が役職によって給与が上昇するのに対して、介護士では資格のランクアップによって昇給していくのが一般的です。

しかし、資格取得にかかる授業料や時間などを考慮すると、これは妥当な差だとも言えます。

また、介護業界は比較的スキルアップが容易にできるという事実もあります。

ただ漠然と業務をこなすだけではなく、同時に上の資格取得のための勉強をしている人は、短期間で高収入を得やすいともいえるのです。

まとめ

ここでは介護士と看護師の違いを解説してきました。

同じような職場で働く2つの職業ですが、目的・業務・待遇面などにかなりの違いがあることが理解できたはずです。

介護士・看護師ともに人材不足が叫ばれている業界なので、「転職先」として検討するのには向いている職種だといえるでしょう。

Copyright© 介護転職ってどうよ? , 2019 All Rights Reserved.