介護転職ってどうよ?

介護に携わる仕事のニーズは高く、介護職の需要が高まっています。介護職の転職・就職に関する情報をお届けするブログです。

【転職】介護士の求人を探す方法5選

更新日:

介護業界の性質や状況がある程度理解できたら、いよいよ転職先を探す段階です。

介護業界は独特の市場ですので、就活も一般的な企業探しの場合とは少し方法も違います。

介護士になるための求人を探す方法を5選ご紹介します。

1.ハローワークで探す

ハローワークでは政府からの推奨もあり、介護業界の求人を多く持っています。

介護業界は人材不足なので、他業種からの転職者にも積極的に紹介します。

転職の際には失業保険の申請などもあり、ハローワークを利用する機会も多いですから、そのまま仕事探しをするのも自然の流れです。

ただし、ハローワークでは住んでいる地域や希望の収入、また求職者の年齢などから介護事業所を探すという方法なので、詳しい事業所の情報が得られないというデメリットもあります。

2.養成施設スクールからの紹介

現在介護士を要請する施設、スクールはたくさんあります。

そして多くの介護士養成施設が卒業後に就職先を斡旋してくれます。

ただし、実務をこなしながら資格を取得するという方法を選んだ人は、先に転職先を見つけなければいけませんから、この方法は使えません。

3.求人情報誌・求人サイトで探す

一般的な求人を紹介している求人情報誌や求人サイトにも、介護士募集の求人はたくさん掲載されています。

介護の養成施設やスクールを利用しない転職ならば、これらの求人サービスを利用することがやはり一般的かもしれません。

一社一社申し込んで面接を受けながら探す必要があるので時間と手間はかかりますが、求人数はかなりあるので確実に見つけることはできるはずです。

良い事業所が見つけられるように、自分の目でチェックすることが大切です。

介護職に特化した情報サービスも良い求人情報が多く掲載されています。

4.転職エージェントで探す

転職エージェントは、利用者1人1人に担当がついて面談し、希望条件を考慮しながら応募先を紹介してもらえるサービスです。

最近のエージェントは非常に優秀で、非公開の高待遇の案件を多く持ち、また提携先の労働環境のリアルな情報も知っています。

転職に必要な面接や待遇の交渉・時間調整などの細かな事も代理でしてくれ、しかも無料でサービスを利用できるので人気が高まりつつあります。

介護職専門の転職エージェントも存在します。

5.新聞や折込チラシで探す

介護事業所によっては新聞や折込チラシでも求人広告を掲載しているところもあります。

こういった媒体で探すこともできますが、注意も必要です。

それは求人サイトや転職エージェント、あるいはそれ以外の方法で求人を募り、新聞や折込チラシでも広告を上げている事業者なら問題ありません。

しかし、新聞とチラシのみしか募集をしていない事業所は、広告費に費用をかけられない零細事業所であることが多いようです。

こういった小規模な介護事業所は待遇面が心配ですし、介護事業所の倒産もめずらしくないことですから、よくよく調べてく必要があります。

まとめ

様々な方法で転職活動ができる介護業界ですが、介護事業者は待遇面・運営面でかなりのレベルの違いがあることは認識しておきましょう。

転職先を間違えてしまうと、その事業所だけではなく介護職そのものが嫌になってしまうというケースも少なくないので、応募先選びは慎重にする必要があるのです。

Copyright© 介護転職ってどうよ? , 2019 All Rights Reserved.