介護転職

サイトの説明

【転職希望者必見】老人ホームの種類による仕事内容

更新日:

介護の仕事のほとんどが高齢者が対象になり、老人ホームに入所している方も多くおられます。

「老人ホーム」は一種類ではなく、入所者の健康状態や目的などによって内容が違うことはあまり知られていないようです。

これから介護業界に転職を考えてる人ならば、老人ホームのタイプもよく知っておく必要があります。

こんぺージでは、老人ホームのタイプによって介護士がする仕事の内容の違いを比較してみましょう。

特別養護老人ホーム

入所費用が介護保険でまかなわれる老人ホームです。

要介護3以上の、健康障害が著しい人が入所するので、介護士の仕事もレベルが高くなります。

食事や着替え・入浴・排泄などの身体介助が主な業務になりますので、一般的には「介護職員初任者研修」か「介護職員実務者研修」の受講が必要となります。

比較的仕事内容がハードとされているので、離職率が高く求人数も多い傾向にあります。

有料老人ホーム

前述の特別介護老人ホームが公的な意味あいの強い施設だとすると、民間企業が運営しているのが「有料老人ホーム」だといえます。

ただし、介護保険を利用することには変わらないので、仕事内容もほぼ同レベルです。

有料老人ホームには新しいサービスが導入されることも多いのが特徴です。

有料老人ホームは「介護付き老人ホーム」と「住宅型老人ホーム」があり、要介護レベルによって使い分けられます。

認知症グループホーム

昨今、社会問題になっている高齢者の認知症ですが、それに特化した老人ホームがあ「認知症グループホーム」です。

認知症グループホームは1施設9名までの定員でくくられた少人数制で運営されていて、介護士の負担が大きくなりすぎないように工夫されています。

雰囲気的には介護士が介護するというよりも、少ない人数の中で信用関係を築き家庭的な雰囲気の中で介護するといったものです。

認知症の進行の防止のために、散歩や外出をするのに付き添ったり、レジャーを楽しむなど、一般的な介護の仕事と異なる部分も多くあります。

介護老人保健施設

入院で治療をした高齢者が、自宅で元の生活が再開できるようにリハビリする施設です。

医療施設の管理になるので、介護士の仕事も細かなところで異なる部分があります。

理学療法士や作業療法士など医療のエキスパートと一緒に働くので、施設の雰囲気も他の老人ホームとはかなり違います。

リハビリテーションなど医療方面にステップアップしていきたい転職者に人気があります。

まとめ

老人ホームは介護士の仕事の主な職場になります。

施設のタイプによってかなり仕事内容も異なるので、転職先を探すときには十分に認識しておくようにしましょう。

Copyright© 介護転職 , 2019 All Rights Reserved.