介護転職

サイトの説明

【転職】介護系職業の種類と詳細を解説

更新日:

介護職には、取得している資格によっていくつかの種類があります。

介護職は医療行為に準じる職業なので国家試験や認定が必要ですが、その資格によって仕事内容も異なるのです。

また介護職の資格制度も改定されているので、現行で最も新しい資格も知っておきましょう。

転職する際の将来設計にも役立つはずです。

介護職員初任者研修

「介護職員初任者研修」は、以前まで2級ヘルパーと呼ばれていたものです。

転職して介護業界に入ると、最初はこの研修を受けることになるので、介護業界への入り口ということです。

介護職員初任研修には、おおよそ3ヶ月程度の研修期間があります。

介護の業務は「生活援助」と「身体介護」に分けられて考えられますが、身体介護をする業務については介護職員初任者研修は必須となることも覚えておきましょう。

ただし全く他業種で働いていて、介護の知識や経験がなくても十分に取得できるもので、難しく考える必要はありません。

介護職員実務者研修

「介護職員実務者研修」は、前述の介護職員初任者研修よりもさらに高いレベルの実務講習を受けます。

両者とも介護資格の中では国家試験がありませんが、実際に介護の仕事をするのには必要になります。

介護職員実務者研修は、介護業務ができるだけではなく、責任者になれる可能性が増えます。

また、さらに上の国家資格である「介護福祉士」の資格取得をする際に必要となるので、キャリアアップを考える人は受講する必要があります。

介護職員初任者研修を取得する3倍以上の授業時間を受けることになります。

介護福祉士

「介護福祉士」は国家資格となり、すでにある程度の実務経験が必要になり、介護業務のエキスパートだといえます。

介護事業所で働くヘルパーたちに指導・アドバイスをしたりなどのリーダー的な役割を果たします。

一般的には「ケアワーカー」とも呼ばれます。

最近、この介護福祉士のさらに上に「認定介護福祉士」も増設され、業界でキャリアアップをしたい人に注目されています。

国に認められた資格ということで、信用度も抜群です。

転職することで社会的な信用が低下してしまうことを心配されている人なら、介護業界にもそういった資格があることを知っておくとよいでしょう。

介護支援専門員(ケアマネージャー)

介護支援専門員(ケアマネージャー)は国家資格ではありませんが、上に紹介した介護福祉士がさらにキャリアアップした地位になります。

介護の現場ではなく、利用者と実務者の中間位置で活躍し、ケアプランの作成やサービスの調整などが業務となります。

介護支援専門員は、介護職者だけではなく、医療・保険従事者がなることもあります。

介護事業の現場の管理職になるので、収入面でも最も高くなります。

転職をして社会的、収入的に高みを目指すなら、介護支援専門員になることで実現できます。

まとめ

一般企業とは違い、介護業界は独特の構造があります。

資格による段階的な昇進があるので、努力家の人ならばある程度キャリアアップも保証されているともいえます。

これまで他の職種でうまくいかなった人でも、洗練された組織構造があるの介護業界ならば、実力を発揮できる可能性もあるのです。

Copyright© 介護転職 , 2019 All Rights Reserved.