介護転職

サイトの説明

介護士からのキャリアアップ例のまとめ

更新日:

介護職は、自分のスキルや資格の取得などによってどんどんキャリアアップしやすい職業です。

現在の会社を辞めて介護業界に転職を考えている人の中には、これまでの仕事に納得ができなかったりやりがいを感じられなかったような人がいるはずです。

介護業界にはいった当初は他の業界の平均よりも年収も低いのですが、努力が報われやす業界だともいえるのです。

今回は介護業界のキャリアアップについてポイントを絞って解説しています。

介護士から介護主任へキャリアアップ

新人介護士として数年現場を経験すると、事業所の判断で「介護主任」へ任命されるキャリアアップのケースがあります。

介護主任(介護リーダー)は、チームとして活動する介護士をまとめる役割のポストであり、管理職へのステップアップの第一歩にもなります。

介護主任は特別な資格が必要なわけではなく、普段の仕事ぶりや利用者に対する接し方の良し悪しなどを施設・事業者が判断します。

年収的にそれほど高くなることはありませんが、次のキャリアアップの土台となるでしょう。

介護主任から施設長へキャリアアップ

介護リーダーを数年経験し、さらに現場を経験すると「施設長」への昇格も期待できます。

介護施設の中には小規模な施設も多く、小さければ小さいほどキャリアアップの可能性は高くなるといえるでしょう。

施設長とは、飲食店でいうところの”店長”のようなポストですから、施設運営の重要な部分の決定権を任されます。

利用者の確保、予算編成、または人材育成なども施設長の仕事になります。

介護主任を数年経験すると、可能性の出てくるキャリアアップのコースです。

一度施設長を経験すると、さらにそこから転職をする際にも強い経歴となるのは当然のことです。

介護士から社会福祉士へキャリアアップ

国家資格でもある「社会福祉士」は別名ソーシャルワーカーとしても知られています。

病気や障害、生活状況などの様々な理由によって、日常生活に問題を抱えいる人の相談に対してサポートする業務になります。

介護の現場で従事しながら、個人で勉強して受験をすることもできるので、多くの介護士が目指すキャリアの一つです。

介護士からケアマネージャーへキャリアアップ

「ケアマネージャー」は正式には「介護支援専門員」といい、”介護支援専門員実務研修受講試験”に合格する必要があります。

ケアマネージャーは、介護や医療の知識を活用し、要介護者の状態に合わせたケアプラン・サービスを計画するのが業務になります。

介護士からその他専門職へキャリアアップ

介護の範疇から少し離れますが、各専門職へキャリアアップする人も少なくありません。

理学療法士や作業療法士といったリハビリの専門や、栄養管理士、あるいは介護事務など事務系へと職種を移す人も多いのです。

まとめ

転職の入り口として介護士になれば、今ままで接したことのない介護・医療の現場を目の当たりにすることで、これまで考えたこともなかった新しい職業へ興味を持つことも少なくないのです。

介護士といえば、現場で忙しく動き回るところしか想像できない人は多いですが、実際には様々な道が開ける職業なのです。

Copyright© 介護転職 , 2019 All Rights Reserved.