介護転職

サイトの説明

【転職】介護士が働く職場の種類と仕事内容

更新日:

業界自体の景気がよく求人数も多い介護士は、転職先として検討している人も多いのではないでしょうか?

ただし一言で「介護士」といっても、転職をして実際に働く職場は一つではありません。

介護が必要な人は様々な場所で生活をしているので、介護士の職場もそれに合わせられているのです。

転職して介護士になったときの、代表的な職場の種類と仕事内容などを覚えておきましょう。

利用者の個人宅

介護保険の利用者で最も利用されるのが「個人宅」です。

介護士は所属する介護事業所から派遣され、個人宅で生活全般の支援を行います。

利用者の自宅で介護することを”訪問介護”ともいいます。

  • 身体介護
  • 買い物、調理
  • 掃除(日常的なもの)
  • 入浴
  • 通院介助

おおよそ、被介護者が生活をする上で不便になるもの全般を介護士がサポートします。

介護保険は「ポイント制度」の減点制で計算されますから、最低限の人数が派遣され業務を行います。

老人ホーム

最近では老人ホームに入居している人も多く、そこでも介護士は活躍しています。

老人ホームの介護には施設によって業務の内容が違い、いくつかに分類されている。

  • 特別養護老人ホーム
  • 有料老人ホーム
  • 介護老人保健施設
  • 認知症グループホーム
  • ショートステイ
  • ケアハウス・軽費老人ホーム

要介護の度合いや医療支援の有無、期間や目的などで利用者は使い分けることになります。

それによって介護士の業務も異なります。

病院

病院で介護士(ヘルパー)が勤務しているのを見たことがあるはずです。

以前までは介護的なサポートを看護師がすることが多かったのですが、現在では看護師の負担を減らすために介護士担うようになっています。

医師や看護師の指示に従って、食事の支度やベッドメイキング・着替えなどが業務の基本になります。

担当数が多く忙しい反面、医師や看護師など医療の専門家と一緒に働くので、安心感があります。

デイサービス施設

デイサービスは自宅に住んでいる高齢者が通所して1日を過ごす介護施設です。

身体介護の要素は少なく、自宅にこもりがちな高齢者を活動的にし健康を促進させることが目的です。

また、高齢者を抱えた家族の負担を軽減させる効果もあります。

デイサービスでは、通所可能な老人がほとんどのため、医療的な色合いは薄く、レクリエーションや交流会などメンタル的な介護が中心になります。

介護士の業務も比較的軽いものだといえるでしょう。

デイケア施設

身体的に病気や怪我・障害など医療的なサポートが必要な要介護者が利用しているのがデイケアです。

デイケア施設は介護事業者だけではなく病院などの医療施設が運営していることもあり「リハビリテーション」が主な目的です。

介護士への転職を考えている人の中で医療に興味があり、将来も医療を専門にした職種に就きたい人にデイケア施設での勤務がおすすめです。

まとめ

介護士が活躍する職場はどんどん広がりを見せています。

所属する介護施設、職場によって仕事の性質や将来のキャリアアップに対しての有効性も違ってくるので、内容をしっかりと理解しておくことが大切です。

Copyright© 介護転職 , 2019 All Rights Reserved.