介護転職

サイトの説明

【転職マニュアル】介護福祉士になる方法

更新日:

介護職の中で唯一国家資格となるのが「介護福祉士」です。

就職においていても国家資格の保有者は非常に有利ですし、社会的な信用もあついために、転職者の中にも目指す人が多いはずです。

介護福祉士は介護職の中でも重要なポストであるために、学習しなければならない要項も多く実務経験も必要となるのでハードルはかなり高いといえます。

ここでは、介護福祉士になるいくつかの方法を紹介しています。

働きながら介護福祉士を目指すなら

すでに社会人で学校に通う時間や経済的な余裕がない人でも介護福祉士の資格取得の道はあります。

それは、「介護事業所で働きながら受験する」という方法です。

介護福祉士は、調理師免許などを同じく”実務経験”が必要とされています。

全くの未経験でも、この「実務」の項目を先にクリアしてしまうという方法を「実務ルート」などと呼ばれています。

介護事業所で働くのですから、もちろん給与も支払われます。

働きながら自分で勉強をし、介護福祉士を目指せるのです。

ただし、介護福祉士を受験するまえには、「実務3年」「介護職員初任者研修」を修了させておくことが条件です。

これらをクリアすれば、最短3年で介護福祉士を取得することができるのです。

学校に通って介護福祉士を目指すなら

時間と費用に余裕があるならば「介護養成施設」に通うと、実務をしながら介護福祉士を目指すよりも短期間で取得することができます。

介護福祉士養成施設は全国都道府県にあるので、近くの学校に入学するとよいでしょう。

すでに介護福祉関係の学校を卒業していれば、最短で1年で介護福祉士の国家資格を取得することがができる最短コースです。

ただし、短大や専門学校を事前に卒業しておくことが条件になります。

現在では介護士不足が深刻になり社会問題といわれる状況の中で、外国人の入学者も増えています。

まだ社会人ではない人が介護福祉士を目指すなら

まだ社会人になっていない未成年の人がこのページを見ているのであれば、「福祉系特例高校」に入学することも有効な方法です。

福祉系特例高校ならば、様々な点で資格取得に有利な条件になっています。

将来的に介護業界へ就職する意思が固いのであれば、賢明な方法だといえるでしょう。

受験資格も年々緩和されている状況です。

まとめ

「介護福祉士」は給与面でも優遇されていますし、転職先に困ることもありません。

介護業界に興味はあるものの、待遇に不安がある人ならば、取得を目指すことをおすすめします。

人材不足が深刻な介護業界ですので、国家資格の取得にもいくつもの方法が用意され、門戸が開かれた状態です。
自分の生活環境に合った方法を選びましょう。

Copyright© 介護転職 , 2019 All Rights Reserved.