介護転職ってどうよ?

介護に携わる仕事のニーズは高く、介護職の需要が高まっています。介護職の転職・就職に関する情報をお届けするブログです。

【知識】介護業界の市場動向を知っておこう!

更新日:

転職を考える際には、その職業の属する業界のことが気になるはずです。

「介護業界」は転職市場の中でも人気の高い職種です。

ただし、一般的な会社とは業態が異なるために、社会経済だけでは推測できないような性質があるのも介護業界の特徴です。

これから介護士を目指す人のために、介護業界の市場動向を解説します。

介護業界は慢性的な人材不足

介護業界は「慢性的な人材不足」だといわれています。

日本社会の少子高齢化がその背景にあります。

求人数に対して応募者数が際立って少ないので、これから介護業界へ転職を考えている人にはチャンスだともいえます。

少子高齢化はこれからもさらに進行していきますので、しばらくの間は人材不足は続き、求職者側から見た”売り手市場”は続くものと考えられます。

介護保険によって支えられた業界

介護業界が一般の企業と最も異なるところは、集計の9割が「介護保険料」でまかなわれているところです。

たとえば、介護に近い職業の「家政婦・お手伝いさん」などは、業務的には似ていますが、全額が利用者負担となるために経済的に余裕のある人した雇うことができません。

しかし、介護保険ならば、利用者は1割負担で利用できるので、顧客数も圧倒的に多いのです。

ビジネスのセオリーとして利用者が多いことは絶大な強みですので、業界自体の景気も右肩上がりで伸びているのです。

マーケットが大きく景気がいい業界を選ぶことは、転職をする上でも大切なことです。

問題点の改善

一時期介護士は「つらい」「給料が安い」などの理由で離職率が非常に高い職業でした。

しかし、介護業界でも他の業界と同じく「人手不足倒産」が増えたことから、各事業者で労働環境の改善策が取られはじめています。

転職をする際には、事業者がいかに労働環境の改善に力を入れているかを見極めることで、過去には当たり前だった劣悪な労働環境を避けることもできるのです。

資格の取得も容易になった

介護士になるめに資格を取得する必要があります。

介護職上位資格の「介護福祉士」は国家試験になりますが、全くの初心者でも「介護職員初任者研修」と「介護福祉士実務研修」受講すれば、短期間で実務に就くことができます。

介護士の上のソーシャルワーカー(介護福祉士)、ケアマネージャー(介護支援専門員)には働きながら勉強してステップアップすることができます。

まとめ

介護保険法の改定によって、いっぺんに全てのことがスタートしてしまったために、一時期は介護の職場の評判はあまりよくありませんでした。

しかし、18年経過した現在では、様々な問題点が改善され働きやすい職業に変わっていますし、依然業界の景気も良いのです。

転職の選択肢としては非常に優れた業界だといえるでしょう。

Copyright© 介護転職ってどうよ? , 2019 All Rights Reserved.